「なんでもない今日」を記念日に

日々の感じたことをエッセイ風に書き綴っていきます。 きっと、ときには心が温かくなるかわいいお話だったり、またときには少しさびしくなる切ないお話だったりします。ちょっと道草して、ノベルっぽいお話も?!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップへ

心の声


ピアノを弾くあなたの隣に腰かけた。
だけど、同じ椅子には恥ずかしくて、座れなくて。
だからわたしが腰を下ろしたのは、あなたの座る椅子と並んだ床の上。
左ひじだけこっそりと、あなたの座る椅子の上にちょこんと乗せて。

続きを読む

スポンサーサイト

このページのトップへ

わたしの幸せ


想像をする。

背が高くて、イケメンな彼と結婚して、かわいい子供が生まれる。
彼は世界を飛び回るような大きな仕事をしていて、わたしたち家族もいろいろな国をついて回る。
彼は優しく、家庭を大事にしてくれる。
わたしはいつでも綺麗な洋服を着て、彼のまとまったお休みの時には、たまに日本に帰ってきたり、イエローナイフにオーロラを観に行ったり、いろいろな方法で最高の休日を過ごす。
なんて素敵な生活だろう。


続きを読む

このページのトップへ

「愛しておくれ」


わたしはギターで。
あなたはピアノで。

「愛しておくれ」と音に乗せて。



続きを読む

このページのトップへ

どうか君が

電話が鳴った。
君からだった。



続きを読む

このページのトップへ

Sometime together

さて、お話を書こう。
パソコンを起動した。
起動する前の、ほんの数秒間。
私は思いがけず、素の自分と向き合うこととなった。
起動するまでのわずかな時間、真っ黒なPC画面に映った自分の顔を、何の気なしに見つめる。目と目が合う。
そこには、泣きそうな、私の顔。

続きを読む

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。